最近のコンビニは様々なサービスを取り扱っています。 レジカウンターでの接客に加え、何百種の種類を店頭に並べ、おでんやフライドチキンなどの調理もする。 それだけでも大変なのに宅配の受付やコピー機やキャッシュコーナーの管理などもおこなわなければならない。また、レジ業務だけを見ても公共料金の支払いやイベントチケットの販売まで対応するようになり、覚えることがたくさんあってとても簡単なバイトではなくなって来ています。 複雑な業務を正確に行いながら、お客さんにも目配りをしなければならない。時間帯によっては相当手際良く仕事をこなさなければ苦情の素になってしまいかねません。 それだけ大変な仕事を行うということは、アピールの仕方によっては職務能力を評価してもらえることにも繋がります。 実際コンビニでのアルバイト経験しかなかった若者が、お客への対応や仕事の手際良さを評価された実績をアピールして、ある会社の正社員に採用されたケースもあります。 コンビニのアルバイト経験しか無い、と悲観的になることは無いのです。